企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

電車の車両整備作業をマニュアル化 堀江車輌電装、技術承継や人材確保に期待

堀江車輌電装 「デジタルマニュアル」

 

 首都圏私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装(東京都千代田区)はこのほど、車両整備の作業工程マニュアルをデジタル化した「デジタルマニュアル」を作成した。

 マニュアル化したのは、ユニットブレーキの分解・洗浄・組み立てに関する127の作業工程。鉄道車両整備は熟練の技術者に長年支えられてきたが、技術職を希望する若年層の減少などで、技術の承継と人材確保が課題となっていた。このため、次世代に技術を伝達する効率的で学習効果の高いマニュアル作成が急務だった。

 今回のデジタルマニュアルはマイクロソフトが開発した仮想空間体感技術「ホロレンズ」を使用して作業工程を再現することができる。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレーで立体映像を見ながら学べる。時や場所を選ばず、また教育担当者が現場に不在の場合でも作業内容を学ぶことができる。もちろん、作業を繰り返し確認することも可能だ。

 デジタルマニュアルの体験者からは「教育担当者が現場を離れられないとき、新人1人でも作業内容を学べる」「作業工程の一部分だけを復習することができるため効率よく覚えられる」という声があったという。

 堀江車輌電装は「他の整備内容についても、今後3年をめどに順次デジタルマニュアル化を推進していく予定。使用する機器は、技術革新の度合いや作業性を考慮して、ホロレンズだけでなく、アイパッドやスマートグラスなども検討していく」としている。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ