企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

日東電工、2025年までATPとの協賛契約を延長 男子テニス最終戦の冠スポンサーも継続

 

 工業用材料メーカー日東電工(大阪市)は9月10日、テニスの男子ツアーを統括するATP(男子プロテニス協会)とのパートナーシップ(協賛契約)を2025年まで5年延長すると発表した。年間成績上位者で争われる「ATPファイナル」のタイトルパートナー(冠スポンサー)も継続する。

https://www.youtube.com/watch?v=5iLYAKXKqZc&f

 ATPは、30カ国で64の男子プロテニストーナメントを開催しているATPツアーなどを運営する団体。ツアーで獲得したポイントランキング上位8人が最終戦「ATPファイナル」で世界1位を決める。今年のファイナルは11月にロンドンで開催し、2021~25年はイタリア・トリノに舞台を移すことが決まっている。

 日東電工は、包装用テープや両面テープなどのほか、スポーツ用テープも扱っていることなどから2017年にATPと協賛契約を結んだ。2021年からはATPツアーでゴールドパートナーになるほか、公式アスレチックテープスポンサーにも就任し、シーズンを通してATPメディカルチームにアスレチックテーピング製品を提供する。

 今年のATPツアーは、新型コロナウイルスの影響で延期や中止になる大会があり、「日東電工ATPファイナル」は11月15~22日にロンドンで無観客開催する方針。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ