企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

自宅学習は過去最長の1日37分 公文教育研究会が調査実施

公文教育研究会 「家庭学習の平均時間、頻度・回数」

 

 子どもが家庭で学習する時間は1日平均37・1分であることが、公文教育研究会(東京都港区)が実施した「家庭学習についての調査2019」でこのほど分かった。

 調査は今年2月28日から3月3日まで、小学1~3年の児童を持つ世帯の母親1000人、父親800人を対象にインターネットで行った。子どもの生活・家庭学習状況や保護者の意識・行動の実態把握を目的に2015年から毎年度実施している。

 調査によると、家庭での学習時間の平均は37・1分。家庭学習の平均日数は週平均5・9日だった。5年前の調査に比べ学習時間は5・1分増え、過去最長になった。

 一方、家庭で「1時間以上ゲームをする」子どもは 26・1 %で、前年度比6・6ポイント上昇。子どもが家でゲームをする時間も確実に増えている。

 子どもの家庭学習の把握に関する設問では、父親より母親の家庭学習関与度が高いことが分かった。子どもの「平日の家庭学習の開始時間を把握している」割合は、母親60・7%、父親36・5%。「その日にやった家庭学習の内容を終了後に確認している」割合は、母親50・8%、父親28・3%。逆に母親より父親の割合が高かった設問は「自立のために、極力声をかけたり手伝ったりしない」「学習についてあまり気にかけていない」「子どもとの家庭学習の時間が楽しみだ」の三つだった。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ