企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

夫は「いなくていいときにいる人」 大辞泉デジタル版に掲載、小学館募集

小学館 大辞泉「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019」キャンペーン

 

 夫や妻など10の言葉に関するイメージを一般から募った小学館(東京都千代田区)は、選考の結果、68件のイメージを同社の国語辞書「大辞泉」デジタル版などに掲載すると発表した。

 募った言葉は、夫や妻のほか、盛る、アルバイト、本、官僚、東京大学、誠意、アダルト、令和だ。昨年5月から11月まで募り、2353件の応募があった。選ばれた68件のイメージは今年5月から、「大辞泉」のデジタル版やアプリ版などに掲載される。

 選ばれたイメージはユニークなものが多いという。例えば、夫は「いてほしいときにいない人。いなくていいときにいる人」、妻は「夫を育て子供も育てる人」。盛るは「スベり恐怖症が生み出す、無駄な創作意欲」、本は「毒にも薬にもなるもの。人によっては睡眠薬にもなる」、アルバイトは「AIと人類の全面戦争における最前線」、東京大学は「神童が神童でなくなる場所」など。

 夫、妻のイメージに関して、選考した「大辞泉」編集部は「合わせ鏡のような投稿がほとんどです。たいていは恐ろしい奥さん像ですが、優しさを感じさせるものもチラホラ。ただし、夫の後ろを3歩下がって付き従う存在といったイメージは皆無でした」とコメントしている。

 日本第1号の近代的国語辞書といわれる「言海」(1889年初版)を編纂(へんさん)した大槻文彦氏は「古雅なりとて今世、普通に用いられざるものは死語というべく、いま俗なりとて日常に用をなすものは活言というべし」と述べている(本書編纂の大意)。掲載採用された夫、妻のイメージこそ、現代の夫、妻関係を表す「活言」(生きた言葉)なのかもしれない。

 

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ