企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

愛媛の河内晩柑を使用したチューハイ 宝酒造から4月21日に、数量限定で発売

「タカラ『焼酎ハイボール』<愛媛産晩柑割り>」

 

 宝酒造(京都市)は4月21日に、「タカラ『焼酎ハイボール』」シリーズから「愛媛産晩柑割り」を、数量限定で発売する。参考小売価格はいずれも税別で、350ミリリットルが141円、500ミリリットルが191円。アルコール分は7%。

 今回発売する「愛媛産晩柑割り」は、愛媛県で収穫された「河内晩柑(かわちばんかん)」を使用した辛口チューハイ。さわやかな香りとさっぱりとした味わいが特徴で、宝酒造のフルーツ系チューハイの平均値と比較して、糖質80%オフを実現したという。

 「河内晩柑」はミカンの一種で、見た目や味わいがグレープフルーツに似ていることから“和製グレープフルーツ”と呼ばれることもあり、味は苦味が少なくさっぱりとした甘みだという。

 宝酒造は「タカラ『焼酎ハイボール』 愛媛産晩柑割り」を数量限定で発売することで、話題を喚起するとともに、ブランドの鮮度向上とさらなる育成に努めていくとしている。

 「タカラ『焼酎ハイボール』」は、宝酒造独自の技術を駆使した辛口チューハイだ。宝焼酎をベースとしたアルコール分7%の飲みごたえと辛口の味わいに加え、食品添加物としての甘味料(人工甘味料)を使用していないこと、炭酸が強く爽快感が味わえる点などが、消費者から支持されているという。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ