企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

検索数が急上昇したラグビー選手、1位は「田村優」 NTTレゾナントがランキング発表

goo+dランキング 「検索数が急上昇したラグビートップリーグ選手ランキング」(調査期間:2019年8月7日~2019年11月2日)

 

 昨年、日本中が熱狂したラグビーワールドカップ(W杯)。NTTレゾナント(東京都港区)は、同社が運営するポータルサイト「goo(グー)」などの検索数でW杯開催前(2019年8月7日~9月19日)と、開催中(2019年9月20日~11月2日)を比較して、開催中に急上昇した日本の国内リーグ(トップリーグ)選手ランキングを発表した。

 それによると、1位は田村優選手(キヤノン)。「W杯全試合に日本代表として出場し、キックのセンスに魅了されたユーザーが多かった」と分析している。

 2位はトンプソン・ルーク選手(近鉄)。ニュージーランド出身だが、日本国籍を取得し、流ちょうな関西弁を話す。1月19日のトップチャレンジリーグ(2部リーグ)が引退試合となった。3位はリーチ・マイケル選手(東芝)。W杯で日本代表の主将を務めた日本ラグビーの“顔”。4位は中島イシレリ選手(神戸製鋼)、5位は姫野和樹選手(トヨタ自動車)だった。

 NTTレゾナントは、gooのアクセス履歴やNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データから、ユーザーの興味・関心を分析。「goo+dランキング(グッドランキング)」として発表している。

 また、キーワード「トップリーグ」を含む1日当たりの検索数を月別で調べてみたら、トップリーグが開幕した1月は、1月20日までの集計にもかかわらず、前月までより大きく伸ばしていた。NTTレゾナントは「リーグが開幕し、覚えた選手名をメディアで見掛けて『そういえば!』と検索した人が多かったのでは」としている。

 

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ