企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

暖冬でもやります!「第5回やまがた雪フェスティバル」 寒河江市で1月31日~2月2日、雪像コンテストも

 

 今冬は記録的な暖冬となっているが、山形県寒河江市で1月31日(金)から2月2日(日)まで「第5回やまがた雪フェスティバル」(主催・雪祭り実行委員会)が開かれる。会場は寒河江市内の最上川ふるさと総合公園。

 今年は暖冬・少雪のため、イベント内容を一部変更したが、新たな企画として、学校や職場の仲間と制作した高さ約3メートルの雪像を競う「雪像コンテスト」や、山形新幹線の新庄延伸20周年を記念して、車内で足湯などが楽しめる山形新幹線「とれいゆ つばさ」の全長約10メートルの雪像が展示される。

 このほか、毎年恒例の「冬花火」(2月1日夜)や、会場一帯を飾る約20万球のイルミネーションも実施される。フェスティバルは1月31日が午後4時半~午後8時、2月1日が午前10時~午後8時、2日が午前10時~午後4時。

 実行委員会の寒河江市さくらんぼ観光課によると、1月29日現在、会場に積雪はないというが、雪像などは雪のあるところで制作し、会場に運ばれるという。天候次第でさらに内容が変更になる可能性もあるため、最新情報を公式ホームページで提供する。

https://www.yamagata-yukifes.jp/

 やまがた雪フェスティバルは、県内各地で開催される雪まつりのオープニングイベントとして位置づけられており、昨年度は約23万人の来場者があったという。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ