企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

地方の医師不足解消に岩手、新潟など6県知事がタッグ 1月31日に「地域医療連携シンポ」と共同記者会見

岩手県 「地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会」

 

 青森、岩手、福島、新潟、長野、静岡の6県の知事が発起人となって、地方の医師不足などの解消を目指す「地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会」を設立する。

 地方の医師不足や、医師の地域的な偏りが全国共通なことから、発足後は他県にも呼び掛けて輪を広げる方針だ。全国の医療関係者や自治体関係者に理解を求め、国に対して医師不足・偏在対策を実施するよう働き掛ける。

 設立に当たり、1月31日(金)に都道府県会館(東京都千代田区平河町)で「地域医療連携シンポジウム」と共同で記者会見を開く。シンポジウムでは、発起人を代表して岩手県の達増拓也知事が「知事の会」設立の趣旨を説明する。全国公私病院連盟の辺見公雄会長が基調講演を行う予定だ。

パネルディスカッションでは、達増知事、辺見会長のほか、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)の山口育子理事長、良医育成新潟県コンソーシアムの鈴木栄一代表、読売新聞東京本社メディア局専門委員の田村良彦氏が登壇する。コーディネーターは、全国自治体病院協議会の望月泉・副会長が務める。

 共同記者会見は、6県の知事(代理含む)が出席する。シンポジウムの詳細は;http://chiikiiryou-iwate.jp/

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ