企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

パートナーへの満足度はシニア世代で男女間に意識の差 PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」発表

PGF生命 「人生の満足度に関する調査2019」

 

 プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命、東京都千代田区)は、10月9~11日、20~79歳の男女を対象に「人生の満足度に関する調査2019」をインターネットで実施し、2000人の有効サンプルの集計結果を発表した。

 調査によると、「これまでの人生に満足」と回答したのは40.2%で、「満足していない」と答えた31.0%を上回った。

 「生まれ変わっても、今のパートナーと一緒になりたいと思うか」について尋ねたところ、「一緒になりたい」は46.5%、「一緒になりたくない」は20.1%だった。「一緒になりたい」割合を性・年代別にみると、最も高いのは20代女性の61.7%。最も低いのは60・70代女性32.4%で、60・70代男性の49.7%と比較すると17.3ポイント差があり、シニア世代では、男女間に大きな意識の差があることがうかがえた。

 人生の満足度を上げてくれた今年の流行・トレンドを自由回答で聞いたところ、1位「タピオカ」、2位「ラグビーW杯」、3位「キャッシュレス決済・電子マネー」だった。男女別にみると、男性の1位は「ラグビーW杯」、女性の1位は「タピオカ」だった。

 人生の満足度を上げてくれたニュースを複数回答で答えてもらったところ、1位は「ラグビーW杯で日本代表がアイルランドに勝利」「『令和』に改元、新天皇陛下即位」でいずれも22.8%、3位は「全豪テニスで大坂なおみが優勝」17.9%だった。

 「人生の満足度に関する調査」は、今年で5年目の実施となった。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ