企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

暑熱ストレス計測システム「ロブセンス」の受注開始 シミックヘルスケア、熱中症の危険度を感知し安全対策に

シミックヘルスケア 「ロブセンス」

 

 シミックヘルスケア(東京都港区)は、耳たぶ表面温度のセンシング技術を利用した「暑熱ストレス計測システム」を、共同研究を行う東北大学(仙台市)の監修で製品化し、商品名「ロブセンス(lobesense)」として2020年5月に発売する。受注生産を予定しており、11月26日~20年4月30日に受け付ける。

 このセンシング技術は、汗の影響を受けずに、個々人の作業環境温と熱中症リスクを高める脳の温度上昇を、遠隔モニタリングで正確に把握できる。転倒検知や位置情報把握の機能を搭載しており、利用者の安全、労務管理の強化を図ることができる。個々人の暑熱ストレスを可視化することで、熱中症の危険度が高い職場などで、個別の安全対策実施や注意喚起に寄与する、としている。

 ロブセンスは、熱中症リスクに関連する外気温や湿度、脳の温度上昇に相関する耳たぶ温度などの計測データをもとに、独自のアルゴリズムを用いて、熱中症リスクが高まった利用者にアラームで通知する。アラーム機能により、個々人に対し適切なタイミングで熱中症予防対策を行うよう指導することが可能となる。

 利用者は自身のヘルメットに制御ボックスを取り付け、クリップ型のセンサーを耳たぶに挟むと、システムが起動し計測を開始する。建築作業現場の監督者は、専用アプリケーションで作業員全員の暑熱環境下における身体ストレス状況を一覧で確認することが可能となる。利用者によるスイッチ操作や電池交換は不要。重量はイヤークリップが11グラム、制御ボックスが電池込みで25グラム。オープン価格。

 

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ