企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

エコバックスがロボット掃除機の新製品「ディーボットオズモ950」発売 水拭きと吸引清掃が同時に可能な1台2役、広範囲を強力に清掃

 

 エコバックスジャパン(東京都新宿区)は、本格的な水拭きと吸引清掃が同時にできる1台2役のロボット掃除機「OZMO(オズモ)」シリーズから、「ディーボットオズモ950」を9月20日に発売する。

 吸引力を3段階で変更できるほか、エアダクト(空気排出経路)を改良したことで、エネルギー効率を上げた。一定の風圧を維持し、吸引力が落ちないという。

 また、日本製のブラシレスモーターを採用した。ブラシ式モーターの回転数は1分間に約9000回なのに対し、ブラシレスモーターは約2万回と高速で、微細なダストも強力に吸引する。ブラシレスモーターは、ブラシ式に比べ、約3分の1の消費電力で、寿命も約2万時間と長く、メンテナンスコストを大幅に削減する。

 高性能マッピング&ナビゲーション技術を搭載し、最大2枚のマップ(間取り)を保存できる。複数の部屋の間取りや家具の配置を一度で把握、記憶して、間取りに適した清掃経路での掃除が可能だ。マップのエリア分けの精度を高めたことで、掃除したい場所をより細かく指定できるようになった。このほか、水拭き時はカーペットを回避する「カーペット自動認識センサー」なども搭載している。

 最大稼働時間は200分。オープン価格。

 この商品は、ベルリンで9月4~11日開催の家電見本市「IFA2019」で、IFA製品技術イノベーション・アワードの「マッピング技術イノベーション・ゴールドアワード」を受賞した。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ