企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

自動車事故対応にデジタルデータを活用 あいおいニッセイ同和損保や野村総研などが共同開発

あいおいニッセイ同和損害保険 「システム概要・実現時期」

 

 あいおいニッセイ同和損害保険(東京都渋谷区)は、最先端のテレマティクス技術を活用した事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を、野村総合研究所(東京都千代田区)、富士通(川崎市)、大日本印刷(東京都新宿区)などと共同で開発した。

 テレマティクスとは、「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビや衛星利用測位システム(GPS)などの車載器と移動体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組みをいう。

 これまでの事故対応は、保険契約者との電話や書類のやりとりが中心だったが、今回開発したサービスは、走行データや運転挙動、位置情報を中心としたデジタルデータを活用する。事故に遭った契約者の保険請求手続きにかかる負担を大幅に軽減し、24時間365日事故対応サービス「I’m ZIDAN」を提供する。このシステムの導入によって、対物賠償保険金の支払いまでの日数を約50%短縮するという。

 共同開発に加わったのは、他に、SCSK(東京都江東区)、インテリジェント ウェイブ(東京都中央区)、日本アイ・ビー・エム(東京都中央区)、SBI FinTech Incubation(東京都港区)。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ