企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

美空ひばりの和装ブランド「#唄うキモノ」誕生 瑞穂が「昭和のキモノ展」で展示、着物や小物を販売

瑞穂 「美空ひばり 昭和のキモノ展 #唄うキモノ」

 

 瑞穂(京都市)は、昭和の歌姫、美空ひばりさんが生前愛用した着物柄をモチーフとした和装の新ブランド「#唄うキモノ」を発表した。日本橋三越本店(東京都中央区)で8月7~12日に開催される「美空ひばり昭和のキモノ展 #唄うキモノ」で、ひばりさんが愛用した実際の着物を展示し、「#唄うキモノ」の商品を販売する。

 「#唄うキモノ」は、ひばりさん愛用の着物を中心に昭和の着物を研究し、制作技術や文化を令和の時代に受け継ぐ機関として発足した「美空ひばり・昭和のキモノ保存会」が立ち上げた呉服の新ブランドだ。「ひばりプロダクション」(東京都目黒区)が全面協力した。日本の伝統工芸品の着物を世界へ発信するとともに、着物離れが加速している日本人の和装文化に再アプローチし、あらゆる世代に着物を愛する心を伝えていきたい、という。

 小紋が28万800円から、訪問着が62万6400円から。袋帯(30万2400円から)や染なごや帯(24万8400円から)のほか、手ぬぐいや扇子などのグッズもそろえている。

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ