企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

タイヤの静電気を利用し、発電に成功 住友ゴム工業と関西大が共同研究

住友ゴム工業 タイヤ内側に取り付けた発電デバイス

 

 住友ゴム工業(神戸市)は、関西大学の谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイスを取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発した、と発表した。

 静電気の一種である摩擦帯電現象を応用し、タイヤの回転に伴う接地面での変形によって発電デバイスが効率よく電力を発生する、という。

 タイヤの内側に取り付けるタイヤ空気圧監視システムなどセンサー類の電源供給としての応用が期待でき、将来的にはバッテリー不要のデジタルツールを活用したサービス提供に貢献できる技術、としている。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ