企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

日本酒をマイナス5度という最適温度で保管できる 新しい日本酒セラー発売、ワインとの同時保管も可能

さくら製作所 日本酒セラー「SAKE CELLAR」

 

 アルテクナ(東京都大田区)、JAPAN CRAFTSAKE COMPANY(東京都港区)、さくら製作所(東京品川区)は、3社で共同開発した業務用の日本酒セラー「SAKE CELLAR」を、7月23日に発売する。

 日本酒がワインよりも温度変化に敏感であることは、海外だけでなく、国内でもあまり知られていないという。SAKE CELLARは、マイナス5度から20度までの範囲で保管温度の設定ができるため、品質を保ちながら長期保存することが可能だ。左右2室の冷蔵庫を備え、個別に温度設定できるため、日本酒とワインをそれぞれ最適な温度で保管できる。日本酒は、一升瓶で最大60本、4合瓶で約104本、収納できる。

 価格は税込みで73万3320円。

 

・公式サイト:https://sakecellar.co.jp/

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ