企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材を育成 東京音大がセミナーなど実施、文化庁の2019年度文化芸術推進事業で

東京音楽大学 「日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成」

 

 東京音楽大学(東京都目黒区)は、今年8月から来年3月にかけて池袋キャンパス(東京都豊島区)で、「日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成」事業を実施する。

 この事業は、文化庁の2019年度「大学における文化芸術推進事業」に採択され、その支援を受けて開催するものだ。大学付属の民族音楽研究所が推進母体となり、日本とアジアの伝統的な音楽や芸能の公演などについて、「クロスオーバーによる活用」をテーマに、総合的に企画、運営できるアートマネジメントの専門的人材を育成することを目的としている。

 2019年度は、伝統的な楽器、演目や演奏形式、実演技法などを生かした公演やワークショップの展開方法を学ぶ。8月24、25日に基礎講座、10月5日、11月9日、12月7日にワークショップ実践セミナーを行う。そのほか、11月5日~来年3月20日、5回に分け、公演制作見学研修を実施する。

 受講生は一般から公募する。対象は、文化行政・文化施設職員、伝統音楽・伝統芸能団体関係者、学校教育関係者、アートマネジメント従事者など。

 定員は50人で、参加費無料。申し込み期限は7月26日必着。

 

・詳細:http://www.minken1975.com/management/index.html

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ