企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

暑い夏は「ネバネバ野菜」で乗り切ろう タキイ種苗、育てやすく栄養豊富なオクラがお勧め

タキイ種苗 オクラ「ヘルシエ」

 

 タキイ種苗(京都市)は、夏バテ対策に「ネバネバ野菜」を勧めている。

 ネバネバ野菜の代表ともいえるオクラは、ビタミンやカルシウムが多く含まれている。切ったときにネバネバするのは、ペクチンと呼ばれる成分で、消化を助け、胃の粘膜を保護したり、糖の吸収を抑えたりする効果があるとされている。さやの断面の形状によって、「5角種」の「アーリーファイブ」、「丸莢(さや)種」の「エメラルド」、「多角種」の「クリムソンスパインレス」があり、多角種には赤い「ベニー」もある。ベニーは熱を加えると緑色に変化する。

 オクラは、家庭菜園でも作りやすく、かわいい花が咲くことから人気がある。「ヘルシエ」という品種は、通常のオクラに比べて粘りが3倍、ペクチンは2倍多く含まれ、肉厚なのに軟らかい食感が特徴という。

 ネバネバ野菜には他にも、ビタミン、カルシウム、鉄分を多く含む「モロヘイヤ」、カルシウムが豊富で加熱すると粘りが出る「ツルムラサキ」、葉を火であぶるとのりのような食感になり、ゆでるとねばりが出る「おかのり」などもある。

 

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ