企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

米美術館の門外不出の北斎肉筆画を高精細複製画に すみだ北斎美術館で6月25日~8月25日開催

すみだ北斎美術館 葛飾北斎「波濤図」(フリーア美術館蔵)
Original: Freer Gallery of Art, Smithsonian Institution, Washington, D.C.: Gift of Charles Lang Freer, F1905.276

 

 すみだ北斎美術館(東京都墨田区)は、6月25日~8月25日、「『綴プロジェクト』―高精細複製画で綴る―スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展」を開催する。

 フリーア美術館(米ワシントン)は、日本美術の宝庫だが、所蔵品は門外不出を方針としているため、日本ではあまり知られていない。今回の展覧会は、フリーア美術館が協力し、京都文化協会(京都市)とキヤノン(東京都大田区)が推進する「綴プロジェクト」によって、世界最大級の北斎の肉筆画コレクションの中から13点の高精細複製画を制作し、すみだ北斎美術館が所蔵する約130点の関連作品とともに展示する。

 フリーア美術館所蔵の肉筆画「波濤図」とすみだ北斎美術館所属の版画「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波の表現を比較することができる。

 「綴プロジェクト」は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、京都文化協会とキヤノンが推進している社会貢献活動。

 フリーア美術館は1923年に設立された美術館で、スミソニアン博物館群の一つ。日本美術の所蔵品数は約1万2700点に及ぶ。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ