企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

サイバーセキュリティー関連情報を集約し、横断分析 NICT、「CURE」を開発

情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究室 「CURE」全体図(中央水色の球体が「CURE」本体、外周青色の球体はデータベース群)

 

 情報通信研究機構(=NICT、東京都小金井市)のサイバーセキュリティ研究室は、サイバーセキュリティーの関連情報を大規模に集約し、横断分析するセキュリティー情報融合基盤「CURE(キュア)」を開発した、と発表した。

 サイバー攻撃の観測情報や脅威情報など、異なる情報源から得られるサイバーセキュリティー関連情報を一元的に集約してつなぎ合わせることで、これまで把握が困難だったサイバー攻撃の隠れた構造を解明し、リアルタイムで可視化することができるという。

 所属する組織内のアラートと、外部の脅威情報を関連付けることで、最新の脅威が組織に及ぼす影響について迅速に把握し、組織のセキュリティーオペレーションの効率化につながる、としている。

 キュアは、6月12~14日、幕張メッセ(千葉市)で開催される「Interop Tokyo 2019」で動態展示する。

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ