企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

中分子医薬に応用可能な技術を開発 電気通信大大学院と味の素が共同研究

電気通信大学 「Fc結合体作製法スキーム」

 

 電気通信大学大学院情報理工学研究科の瀧真清(たき・ますみ)准教授らの研究グループと味の素(東京都中央区)は、幅広い中分子医薬に応用可能な、中分子医薬―Fc結合体の作製技術を開発した、と発表した。

 中分子医薬は、ペプチドやオリゴ核酸など最近の創薬化学で注目される一方、生体内から速やかに消失する点が課題とされている。この問題を解決する方法の一つとして、医薬分子を「ヒト型抗体のFc領域」と呼ばれる分子量約6万の糖タンパク質と結合させてから体内に導入する手法が知られているが、人工的な中分子医薬の場合には、これらを効率良く結合させることが困難だった。

 瀧准教授らの研究グループは、独自に開発したタンパク質N末端伸長反応を応用し、幅広い中分子医薬とFcタンパク質とをほぼ100%の変換効率で結合できる作製技術を開発した。この方法で作成したペプチド―Fc結合体は、マウス生体内での滞留時間が、元のペプチドに比べて大幅に延長できることを確認した。また、ペプチド―Fc結合体は、元のペプチドの薬理活性をほとんど損なわずに保持できることも分かったという。

 この研究成果は、米化学会誌「バイオコンジュゲートケミストリー」の電子版に掲載された。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ