企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

「阪神大震災を風化させない」 神戸市とKDDIがVRコンテンツを制作し、視聴体験を開催

KDDI 「被災直後のメリケンパーク(写真)」

 

 神戸市とKDDI(東京都千代田区)は、1995年1月17日に発生した阪神大震災の教訓を継承し、防災意識を高める仮想現実(VR)コンテンツ「あなたが伝える阪神・淡路大震災―復興VR」を共同で開発した。

 神戸市で4月27~29日に開催されるイベント「078」で4月28、29の両日、参加者向けにこのコンテンツの視聴体験を行う。高精細360度映像によって、視点を上下左右、後方に動かせば、その場にいるように復興の様子を体験できる。

 このコンテンツの共同開発とイベント「078」での視聴体験の実施は、神戸市とKDDIが2018年12月に地域活性化を目的に連携協定を締結した取り組みの一環。20年に震災の発生から25年が経過するが、震災を経験していない若い世代が増加している。神戸市は震災当時の資料を多数保有しているが、十分に活用できていないという課題があったことから、震災の風化を防ぎ、若い世代に防災意識を引き継ぐため、写真や映像を活用し、防災教育用ツールとしてコンテンツを共同開発した。

 078は、「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸の実現に向け、神戸を発信するために行い、エンジニアが集い、交わることで創り上げる参加型イベント。みなとのもり公園やメリケンパーク、神戸ハーバーランド高浜岸壁など、神戸市内の複数箇所で行う。

 

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ