企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

江戸時代の子どもの遊びが分かる展覧会 練馬区立美術館で「遊べる浮世絵展」

公文教育研究会 「くもんの子ども浮世絵コレクション『遊べる浮世絵展』江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!」

 

 練馬区立美術館(東京都練馬区)で4月28日~6月9日、「くもんの子ども浮世絵コレクション『遊べる浮世絵展』江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!」が開催される。公文教育研究会(大阪市淀川区)が同展に特別協力し、子ども文化研究のために所蔵している約3200点の史料の中から、江戸時代の子どもの遊びに関するびょうぶや絵巻、奈良絵本、貝合わせなど約170点を展示する。

 歌麿、清長、豊国、広重、国芳など人気絵師たちが当時の子どもたちを描いた「子ども絵」や、実際に遊んでいた「おもちゃ絵」などを鑑賞できる。料金は一般1000円、高・大学生と65~74歳は800円、中学生以下と75歳以上は無料。

 

・くもん子ども浮世絵ミュージアム:https://www.kumon-ukiyoe.jp/

・練馬区立美術館:https://www.neribun.or.jp/museum.html

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ