企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

東京商工リサーチと一橋大が企業の将来予測で特許出願 機械学習と人工知能を使い、高精度のモデル構築に成功

東京商工リサーチ 「機械学習手法・AIを用いた企業の将来予測」に関する特許出願

 

 東京商工リサーチ(=TSR、東京都千代田区)と一橋大学(東京都国立市)は、「機械学習手法・AIを用いた企業の将来予測」に関する特許出願を行った、と発表した。

 企業レベルで発生する将来の出来事を、膨大な企業の定量データと定性データで構成される高次元の情報を用いて予測する、高精度なモデルの構築に成功したという。

 企業の将来予測は、倒産、休廃業、解散、被合併など、企業の退出に対応する出来事のほか、売り上げや利益の顕著な成長、雇用の大幅な伸長、労働生産性の向上など、企業の成長に対応するイベントを対象としている。

 リスク管理のためのデフォルト(債務不履行)予測などで現在も用いられている手法は、モデル構築をする際に考慮できる変数の数に限りがあるほか、分析者の裁量が存在するなどし、“ビッグデータの分析”とは相性が悪いという。

 こうした課題を踏まえ、TSRと一橋大は、TSRが構築した日本全国の企業を対象とする企業レベルビッグデータと、機械学習手法や人工知能(AI)を用いて高精度の将来予測モデル構築を目的に共同研究を進めてきた。両者は「学習用データセットとその生成方法」「機械学習・AIの手法を用いた将来予測方法と予測プログラム」を発明したとして、特許の共同出願をした。

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ