企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

シングルバンドで高精度のGNSSレシーバー 古野電気、5Gやスマートグリッド対応の製品を開発

古野電気 GNSSタイミングモジュール「GT-88」、GNSS基準周波数発生器「GF-88シリーズ」

 

 古野電気(兵庫県西宮市)は、第5世代移動通信システム(5G)や次世代送電網(スマートグリッド)などで高精度な時刻同期(UTC同期)を必要とするユーザー向けに、「GNSSタイミングモジュール『GT―88』」と、「GNSS基準周波数発生器『GF―88シリーズ』」を開発した。

 米国のGPSや日本の「みちびき」など、測位に使う人工衛星である全球測位衛星システム(GNSS)衛星からの信号を受信するだけで、原子時計に匹敵するタイミング信号を取得できる。古野電気の従来製品と比べ、3倍以上の高精度だという。

 同社によると、市販されている高精度のGNSSレシーバーは、L1帯(1575.42メガヘルツ)やL2帯(1227.60メガヘルツ)、L5帯(1176.45メガヘルツ)など複数の周波数帯にまたがる信号の受信が必要なマルチバンドレシーバーだが、この製品は、L1帯の信号を受信しただけで、時刻同期精度4.5ナノ秒の精度を持つシングルバンドレシーバーだ。位置推定アルゴリズムを改良したり、各国の衛星間の測位演算を最適化したりして、マルチバンドレシーバーと同等以上の時刻同期性能を実現した、としている。

 NTT(東京都千代田区)が考案した新しいマルチパス(反射波)対策アルゴリズム「ダイナミック・サテライト・セレクション」も搭載している。一般的に、ビル街のような環境では、マルチパスによって時刻同期の精度が落ちるが、ダイナミック・サテライト・セレクションは、誤差の原因となるマルチパス信号を大胆に“枝刈り”することで、誤差を従来の5分の1程度に低減した。これまで設置が難しかったビルの壁面や屋内の窓際にもアンテナを設置できるようになる。

 

・詳細:https://www.furuno.com/jp/products/gnss-module/GT-88

    https://www.furuno.com/jp/products/gnss-module/GF-8805

 

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ