企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

ドローン同士のニアミスを自律的に回避 情報通信研究機構、実験に成功

情報通信研究機構 「ドローンマッパーと飛行制御装置を連接したドローンの構成図」

 

 情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)は、小型無人機ドローンを含む複数の飛翔(ひしょう)体が飛行する環境で安全運行を実現するため、ドローン間の直接通信によって位置情報を共有するシステム「ドローンマッパー」を用いた飛行制御を行い、合計3機までのドローンが接近してくる他のドローンとのニアミスを自律的に回避する実験に成功した、と発表した。

 これまでドローンを目視以外で飛行させる場合、ドローンと操縦者との間で通信を行いながら、あらかじめプログラムされた飛行経路や飛行方法に従って、自動で飛行させる制御が用いられてきた。しかし、この制御方法では、他のドローンや有人航空機などが接近したときの対応が難しかった。

 今回開発した技術で、ドローンマッパーとドローンのフライトコンピューターを連携させることで、操縦者を介さずにドローン同士が互いに直接共有される位置情報から周辺のドローンの位置を把握し、ドローン自体が自動で飛行制御できるようになった。

 今回の実験は安全確認のため、毎秒1メートルというゆっくりした飛行速度で実施したが、次のステップとして、飛行速度をさらに増した状況で性能検証を行ったり、ドローンと有人ヘリコプターなどとの接近検知や飛行制御を行ったりすることで、性能を明らかにする、としている。

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ