企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

熱海温泉の新名物「二代目」の「毒饅頭」を開発 ドクダミの量を減らし、1月19日発売

伊豆半島合同会社 「二代目 熱海温泉 毒饅頭」

 

 伊豆半島合同会社(静岡県熱海市)は、熱海の新名物「熱海温泉 毒饅頭(まんじゅう)」の新しい味として、「二代目 熱海温泉 毒饅頭」を1月19日に発売する。

 2018年8月に「熱海温泉 毒饅頭」を発売すると、「毒饅頭」というネーミングと、ドクダミを使用するという味のインパクトから、1日数百個売れるヒット商品になった。しかし、ドクダミ特有の草のような香りが苦手な人もいることから、ドクダミの量を4分の1に減らした。開発に当たっては、食のプロである料理人と、年末年始に「二代目」のトライアル販売をした際、購入者の中から100人にヒアリングを実施し、味の改良を行ったという。

 初代は濃い色、二代目は薄い色で、ともに店頭販売する。いずれも4個入りで、税抜き1389円。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ