企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

伝統工芸品、桐生織の靴べら コロンブスが10種類を展開

コロンブス 「桐生織り手ベラ」

 

 靴用品メーカーのコロンブス(東京都台東区)は、折り畳み式の靴べら「桐生織り手ベラ」を発売した。日本の伝統工芸品「桐生織」の生地を持ち手に使用した高級感のある靴べらで、和風の柄10種類を展開している。税別2700円。

 本体はメタル製で、持ち手の部分は、群馬県桐生市で約1300年の歴史を持つ桐生織の生地を使用した。素材は耐久性に優れたレーヨンとポリエステルの混紡。折り畳むとコンパクトになるので携帯用として使えるほか、和柄を好む外国人への土産やプレゼントとしても喜ばれる、としている。携帯用のきんちゃく袋も付いている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ