企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

“四十肩”“五十肩”と諸症状が酷似している「肩腱板断裂」 早期発見・治療の必要性訴える啓発強化へ

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー 「肩腱板断裂」啓発強化

 

 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー(東京都千代田区)の整形外科治療領域へ医療機器を提供するデピューシンセス事業本部は、高齢化によって増加傾向にある「肩腱板断裂」疾患啓発活動の取り組みを強化する。

 肩腱板断裂は、肩関節にある腱板が裂ける疾患だが、いわゆる“四十肩”や“五十肩”と諸症状が酷似しており、自己診断のリスクが高い疾患とされていることから、早期受診と治療の重要性を訴える。

 疾患の主な原因は加齢によるものが多く、発症は40歳以上(男性62%、女性38%)、ピークは60代とされている。発症当初の断裂は小さく、痛みも伴わないことから、気付かないうちに断裂が始まっていることもあるという。自然に治癒することがなく、裂けた部分が少しずつ広がり、肩の機能が低下する。治療の遅れによって断裂が拡大する傾向にあり、大断裂にまで進行すると手術による修復が困難になる。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ