企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

「goo+dランキング(グッドランキング)」が予想したプロ野球の新人王 セは広島のアドゥワ誠、パは楽天の田中和基

goo+dランキング(グッドランキング) 「プロ野球新人王候補注目度ランキング(セ・リーグ)」

 

 NTTレゾナント(東京都港区)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを使い、プロ野球2018シーズンの最優秀新人(新人王)候補の注目度をランキング形式で発表した。

 その結果、同編集部が予想するセ・リーグの新人王は広島東洋カープの「アドゥワ誠」だった。今シーズンは中継ぎ投手の一角として53試合に登板。球団史上最年少で日本シリーズに登板したことにより、大きく注目された。

 2位はセカンドやショートの守備で活躍した読売ジャイアンツの「吉川尚輝」、3位は規定投球回数以上の防御率ランキングで2位に入った横浜DeNAベイスターズの「東克樹」。

 パ・リーグ新人王は、東北楽天ゴールデンイーグルスの「田中和基」と予測した。楽天の1番打者に定着し、侍ジャパン入りも果たした。

 2位はオリックス・バファローズの中継ぎ投手としてチームに欠かせない存在となった「山本由伸」、3位は開幕から先発ローテーション入りして6月までに6勝を挙げたものの、その後はけがにより離脱したオリックス・バファローズの「田嶋大樹」が入った。

 このランキングは、2018年3月26日~11月4日の期間を調査した。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ