企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

家事シェア力、最も高いのは兵庫県、最も低いのは長崎県 大和ハウス工業が全都道府県で調査

大和ハウス工業 「『家事シェア力』総合全国ランキング」

 

 大和ハウス工業(大阪市)は、家事をシェアしてハッピーになる「家事シェアハウス」を2016年11月から提案していることを受け、11月22日の「いい夫婦の日」を前に、20~40代で中学生以下の子どもがいる共働き夫婦を47都道府県ごとに200人ずつ調査し、「家事シェア力」の全国ランキングを発表した。調査は10月24~29日、インターネットで行った。

 家事シェア力で上位だったのは、1位が兵庫県、2位が岡山県、3位が静岡県で、下位だったのは、47位が長崎県、46位が青森県、45位が佐賀県だった。

 この結果について、県民性分析の第一人者である矢野新一さんは「“夫婦で普段から対等に話し合う”県民性が上位につながり、“見栄っ張りが多い”九州地方と“会話の内容を考えすぎる”東北地方が下位になった」と分析している。

 「家事シェア力」は、家計研究家の氏家祥美さんが監修し、全42種類の家事を①片付け②補充・交換③買い物④料理⑤掃除⑥ごみ捨て⑦洗濯⑧育児・その他―の8項目に分類し、夫と妻の負担度合の実態をそれぞれの項目で調査した。夫と妻にギャップがない状態を10点満点とし、家庭内の家事負担者の満足度10点満点との合計20点満点を8項目全てについて集計し、合計160点満点で点数化した。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ