企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

立体視に関わる神経線維束を発見 情報通信研究機構と大阪大が発表

情報通信研究機構 「ヒトの線維束の例」

 

 情報通信研究機構(=NICT、東京都小金井市)脳情報通信融合研究センターと大阪大学大学院生命機能研究科の研究グループは、最新の磁気共鳴画像装置(MRI)を用いて、両眼を使った立体視が得意な実験参加者と不得意な実験参加者の間で、神経組織密度に違いが見られる神経線維束を発見した、と発表した。

 立体視は、両眼から入力された視覚情報が脳で処理されることで可能となっているが、個人差が大きく、その原因は明らかになっていなかった。

 今回の成果は将来的に、弱視など立体視と関わる視覚障がいの解明や立体視力の個人差を考慮した映像提示技術の開発などに貢献することが期待されている。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ