企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

PRプランナーの検定試験用テキスト 日本パブリックリレーションズ協会が発売

日本パブリックリレーションズ協会 「広報・PR概説(1次試験対応)」

 

 日本パブリックリレーションズ協会(東京都港区)は、PRプランナー資格認定制度と検定試験の公式テキスト(専門学習書)として「広報・PR概説(1次試験対応)」(定価は税別2400円)と「広報・PR実践(2次・3次試験対応)」(同2600円)を同友館から出版した。

 2019年8月に実施される1次試験と、19年11月に実施される2次試験に対応している。1次試験と2次試験の範囲となる、経営、CSR、IR、危機管理、マーケティング、ブランド・マネジメント、広報・PR実務など幅広い範囲にわたる試験分野の内容を1冊でカバーしている。

 テキストの執筆は、各分野に精通した大学教授などの学識者や、PR専門会社などに所属する広報・PRの実務者が担当した。

 PRプランナー資格認定制度/検定試験は、07年に開始し、今年8月の第23回1次試験で受験者は累計1万人を突破した。3次試験に合格し、PRプランナーに登録した人は現在2500人超に上る。

 この間、ウェブメディアの普及、グローバル化の進展、コーポレートガバナンスやコンプライアンスの重視など、社会・経済環境が急速に変化している。こうした構造変化に伴い、広報・PR業務の領域拡大に対応し、試験内容に新しい要素を盛り込むことになったため、新テキストを刊行した、としている。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ