企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

シュナイダーエレクトリック、デモルームを開設 注目高まる大規模データセンター向けの三相UPS製品

シュナイダーエレクトリック 大容量三相UPS「Galaxy VX(ギャラクシー・ブイエックス)」

 

 シュナイダーエレクトリック(フランス)は、今年7月に受注を開始した大規模データセンター向けの三相UPS(無停電電源装置)製品「Galaxy VX(ギャラクシー・ブイエックス)」のデモルームを、千葉県船橋市に開設した。

 Galaxy VXは、電力を供給するためのパワーキャビネットを段階的に増設できるモジュラー型の設計になっており、単機で500kVA(キロボルトアンペア)から最大で1500kVAまで拡張できる。バックアップ用のバッテリーとして、鉛蓄電池とリチウムイオンバッテリーを用意している。リチムイオンバッテリーを採用した場合、鉛蓄電池に比べ、設置面積を最大で60%縮小し、総合的な総所有コスト(TCO)を最大50%削減できるという。

 モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)の普及によって、大型のデータセンターの需要が拡大し、UPSも大容量帯の製品が注目されている。

 デモルームの開設で、導入前に実機を見られるようになったため、製品のディスプレーや機内パーツを確認したり、設置面積やサイズ感などを体感できる。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ