企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

琵琶湖サイクリング専用アプリに機能を追加 「ビワイチ・サイクリング・ナビ」、10月にリリース

滋賀県 「ビワイチ・サイクリング・ナビ」(走行時の自動撮影機能)

 

 滋賀県は、ナビタイムジャパン(東京都港区)と共同開発し、今年4月にリリースしたサイクリング専用アプリ「ビワイチ・サイクリング・ナビ」に、機能を追加した新バージョンを10月にリリースする。

 このアプリは、自転車で琵琶湖を1周する「ビワイチ」など、滋賀県内の周遊を気軽に楽しんでもらうために開発したサイクリング専用。今回のリリースは、絶景のロケーションを背景に「ビワイチ」の思い出を写真で残せる「走行時の自動撮影機能」や、走行中にスマートフォンなどの端末操作を防止する「ながらスマホ防止機能」を搭載している。滋賀県によると、サイクリング専用のナビゲーションアプリで自動撮影機能が搭載されるのは日本では初めてという。

 自動撮影機能は、長浜市の湖北水鳥センター沿いの県道331号線を北上した辺りと高島市のびわ湖こどもの国沿いの県道302号線を南下した辺りに設置したカメラの前を通過すると、走行中の写真を自動で撮影する、というもの。撮影された写真は、アプリ内で確認でき、購入すると、端末に保存できる。通常、1枚300円だが、年度内は100円で提供する。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ