企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

自動運転の可能性を考えるシンポジウム 企業内技術士交流会が芝浦工大の豊洲キャンパスで開催

日本技術士会登録企業内技術士交流会 シンポジウム「加速する自動運転の開発 ~まちやくらしの未来像を考える~」

 

 日本技術士会の登録組織である「企業内技術士交流会」は、科学技術分野での最高位の国家資格と評価される「技術士」の視点で“自動運転の可能性”を議論するシンポジウムを10月12日に芝浦工業大学の豊洲キャンパス(東京都江東区)で開催する。技術士資格を持っていない人や学生も参加できる。

 ナカニシ自動車産業リサーチ(東京都港区)の代表でアナリストの中西孝樹氏が「社会実装期に入った自動運転の展望~グローバルOEMの戦略的アプローチの比較から~」について、名古屋大学の二宮芳樹特任教授が「完全自動運転を可能にする技術ポイントと今後の課題」について、インテルの野辺継男事業開発・政策推進ダイレクターが「自動運転社会がもたらす変革、新しいビジネスの展望」について、それぞれ講演する。

 シンポジウムの参加費は一般2000円、学生500円で、懇親会の参加費は一般、学生とも3000円。

 参加希望者は10月4日までに企業内技術士交流会ホームページから申し込む。先着順で定員は約300人。

 

・企業内技術士交流会ホームページ:http://www.ipej-kigyonai.jp

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ