企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

半径1メートル以内にPC周辺機器や書籍を集結 ビーズ、ゲーマー用に後付けの収納用品を発売

バウヒュッテ 「ゲーミングキャッスル」

 

 ビーズ(大阪府東大阪市)は、同社のインテリアブランド「バウヒュッテ」から「デスク下ワゴン」「大型引き出し」を発売し、これらを用いて、パソコンの周辺機器や参考書籍をデスク周りに配備する「ゲーミングキャッスル」を提案した。ゲーミングキャッスルとは、デスク周りに収納棚を要塞のように並べ、あらゆるパソコン周辺機器や参考書籍を半径1メートル以内に集結させることをいう。場所を取るパソコン本体やディスプレー、プリンターをすっきり格納し、デッドスペースになりがちなデスクの下や足回りにワゴンや引き出しを設置することで、ゲームコントローラーなども効率的に収納できる。

 バウヒュッテは、オプションを買い足してそろえられるデスクシリーズを展開しており、その中心的アイテムが昇降式デスクだ。利便性は評価され、ベストセラーになっているが、単体で使用すると、収納力がないことが欠点だった。

 デスク下ワゴンは、棚に傾斜を付けることで、デスク下の低い位置からでも本の出し入れがしやすい。水平の棚と比べ、本が倒れにくい設計になっている。

 大型引き出しは、デスクに後付けできるスライド収納で、デスクにクランプで4点固定することで安定して出し入れできる。デスクに穴を開ける必要はない。約11リットルの大容量で、高さのあるパソコンアクセサリーやゲームコントローラーを収容できる。奥行き40~70センチのデスクに5センチ刻みで対応する。

 

・ゲーミングキャッスル:http://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/making-gaming-desk/

・デスク下ワゴン:http://www.bauhutte.jp/product/bhs700u/

・大型引き出し:http://www.bauhutte.jp/product/bhp_h60/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ