企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

日本パレットレンタル、キユーピー、ライオンが共同幹線輸送を開始 実験で実車率が向上し、ドライバーの労働環境が改善

日本パレットレンタル 「今後の物流フロー(2018年8月22日以降)」

 

 日本パレットレンタル(JPR、東京都千代田区)、キユーピー(東京都渋谷区)、ライオン(東京都墨田区)は、異業種3社で連携し、共通のトレーラーを利用した共同幹線輸送を開始した、と発表した。

 近年、物流業界は、ドライバー不足、物流費の上昇、二酸化炭素削減などの課題が深刻な社会問題となっており、安定的な輸送を実現するには、持続可能な物流網の構築が必要だ。

 これまでJPR、キユーピー、ライオン各社は、個別でトラックなどを手配し、商品の輸送を行っていたが、共同輸送について検討を始め、今年6月、関東―九州間の往復(総移動距離2811キロ)で、共同幹線輸送のテストを実施した。幹線輸送とは、拠点に荷物を大量に集め、その拠点から別の拠点に輸送機関で運ぶことをいう。

 実験の結果、実際に貨物を積載して移動した距離の比率を示す実車率が向上し、ドライバーの労働環境改善、CO2排出量の削減などの効果が得られた、としている。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ