企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

新車購入後、不具合が最も少なかったのはダイハツ J.D.パワー ジャパン、2018年日本自動車初期品質調査

J.D.パワー ジャパン 「2018年日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング」

 

 J.D.パワー ジャパン(東京都港区)は、2018年日本自動車初期品質調査の結果を発表した。新車購入後、2~9カ月経過したユーザーを対象に、8分野1233項目でユーザーの不具合経験を聴取した。全ての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。8分野は「外装」「走行性能」「装備品/コントロール/ディスプレー」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)」「シート」「空調」「内装」「エンジン/トランスミッション」。

 18年の総合不具合指摘件数は、100台当たり67で、17年の76、16年の75と比べ、車両品質が改善していることが分かった。前年の調査と比べ、ほぼ全ての分野で不具合指摘が減少していた。

 ブランドランキングは、第1位がダイハツ(57)、2位がホンダ(61)、3位がメルセデス・ベンツ(62)で、以下トヨタ、レクサス、日産が続いた。不具合件数が最も多かったのは、アウディ(127)で、フォルクスワーゲン(113)、ボルボ(98)が続いた。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ