企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

逼迫する周波数問題を解決 情報通信研究機構、実証実験で利用効率を2.5倍に

情報通信研究機構 5台の端末の同時接続イメージ

 

 情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)ワイヤレスネットワーク総合研究センター(神奈川県横須賀市)は、割り当てることができる周波数が逼迫(ひっぱく)している状況を踏まえ、周波数利用効率を大幅に向上できる新たな無線アクセス技術ステーブルを開発した。横須賀リサーチパークで行った屋外伝送実験の結果、周波数利用効率を2.5倍に向上できることを確認した、という。

 従来のLTE方式での上り回線で空間分割を用いない場合は、同一周波数で複数の端末から同時接続はできなかったが、実証実験で同一周波数、同一時間領域で5台の端末が小サイズデータ電送を行い、基地局側で4ミリ秒以下の遅延時間で各端末のデータを復元した。

 第5世代(5G)移動通信システムでは、超多数接続と超低遅延を提供する無線アクセス技術は異なる方式として標準化されるが、今回の技術は、この二つを同時に満たすことを目指している。リアルタイム性を要するコネクテッドカーなどの膨大な数の移動型IoT(モノのインターネット)端末を収容する無線システムの実現につながると期待されている。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ