企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

美しい文字を書くこつとは? 公文エルアイエル、初級者、中級者、上級者を比較

公文エルアイエル 「美しい文字を書くコツ」

 

 「公文書写教室」を全国で展開している公文エルアイエル(大阪市)は、美しい文字を書くこつについて調べる実験を行い、結果を公表した。

 一般的に、文字を学習するには、手本を見て書く「臨書(りんしょ)」と言われる方法を重ねて技術を身に付ける。実験は、書写書道の経験がない初心者と、経験5年の中級者、経験10年以上の上級者を対象に、視線を計測できる機械を使って、どのように手本を見ているかを調べた。

 その結果、初心者が手本を見る頻度に比べ、上級者はその2倍以上も手本を見ていたほか、初心者は、一度、文字全体を見て、頭にインプットしたものを書く傾向があったが、上級者は、一画一画を何度も見ていることが分かった。

 また、初心者は手本を見るときに、手本文字以外の余白などにも目がいく一方で、書き終わりの位置までは確認していなかった。中級者になると、見る位置は手本文字をなぞっているが、書き終わりを見ていない画もあった。それに対して上級者は、手本文字の画の書き始めから書き終わりまで忠実に見ているだけでなく、下の文字を書く際に、上に書いた文字も見て、中心や配置に意識が向けられていることも分かった。

 公文エルアイエルは「手本文字をただ漠然と見て書いても、なかなかそれに近づくことはできない。手本文字を見る観点を意識することで、書の経験が十分でなくても、整った文字を書く近道になる」と結論付けた。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ