企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

江戸から近現代に向かう都市や人々の生活風景を上映 東京国際フォーラム、東京府開設150年を記念して

 

 東京国際フォーラム(東京都千代田区)と国立映画アーカイブ(東京都中央区)は、「東京150年―人々の生活と風景―」をテーマに、「月曜シネサロン&トーク」を開催する。

 今年は、江戸から東京に改称し、東京府開設から150年の節目に当たる。これを記念し、東京都が展開する「Old meets New 東京150年」事業の一環として実施する。国立映画アーカイブが所蔵する、希少な文化記録映画の中から、江戸から近現代に向かう都市や人々の生活風景を通じて、東京の魅力再発見につながる作品をセレクトして上映する。

 全部で4回、東京国際フォーラムホールD1で行い、それぞれ昼の部と夜の部がある。定員は各回100人で、開催日の1カ月前から、公式サイトか往復はがきで申し込みを受け付ける。入場料は税込み500円で、当日、空席がある場合は、当日券の販売がある。

 第1回は9月10日、「関東大震災実況」(1923年、日活)、「SCENES OF JAPAN’S EARTHQUAKE DISASTER」(23年、アメリカン・パテ・ニュース)、「復興帝都シンフォニー(29年、財団法人東京市政調査会)を上映する。

 第2回は、11月19日、第3回は2019年1月21日、第4回は3月18日に開催し、各

 

・公式サイト:http://www.cinesalon.jp/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ