企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

眠気を吹き飛ばすには、温度刺激が効果的 ダイキン工業とNECが実証実験

 

 ダイキン工業(大阪市)と日本電気(東京都港区)は、2016年から取り組んでいる、知的生産性を高める空気・空間を実現するための共同研究で、オフィスなどの執務空間での知的生産性向上には空調による温度刺激が特に効果的であることを実証した、と発表した。眠気の兆しが見えた早期の段階で刺激を与えることが覚醒度を保つのに効果的であることも明らかにした、としている。

 実験は、被験者に2桁の加算暗算をしてもらうという眠くなりやすいタスクを与え、5分ごとに眠気を5段階で申告してもらい、カメラによっても眠気を推定した。刺激は、空調(温度)、照明(照度)、アロマ(芳香)の3種類。

 環境条件として①室温27度、芳香なし、照度700ルクス―を比較対照に、②室温を27度、24度、27度に変え、芳香なし、照度700ルクス③室温27度、芳香なし、照度を150ルクス、1500ルクス、150ルクスに変える④室温27度、芳香をなし、あり、なしに変え、照度700ルクス―の四つで行った。

 その結果、②の空調による温度刺激は、環境変化を与えない①と比較し、平均の覚醒度が5段階中、最大で約2段階分上昇し、さらに45分以上眠気を抑制し続けた。照明やアロマによる刺激では、①と比較して、覚醒度は最大で、0.5段階分上昇するにとどまった。

 刺激は、既に眠い状態になってからでなく、兆しを検出した時に与えることで覚醒効果が大きく、その効果は、温度、照度、芳香刺激など刺激の与え方や組み合わせで高められることも分かったという。

 今回の成果を踏まえ、まぶたの開き具合から眠気の兆しを検知して、空調や照明を組み合わせた刺激を与える制御システムの試作機を構築した。ダイキン工業の40平方メートルとNECの200平方メートルの検証用オフィスで、執務中の覚醒度データを取得して、空調や照明の環境制御を行うフィールド実験を開始する。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ