企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

歯科健診の“先延ばし派”が過半数 日本歯科医師会が1万人を対象に意識調査

 

 公益社団法人日本歯科医師会(東京都千代田区)は、全国の15~79歳の男女1万人を対象に、4月20、21の両日、インターネットで「歯科医療に関する一般生活者意識調査」を実施した。

 その結果、物事を「先に片付ける方」だと答えた人が73.4%に上るにもかかわらず、歯科健診は「先延ばしする方」と答えた人が52.7%で、75.7%は「もっと早くから健診や治療をしておけばよかった」と後悔している実態が明らかになった。

 歯や口の中の健康状態については、「健康だと思わない」と答えたのは全体の57.2%で、先延ばし派については67.4%と多かった。ここ1、2年の間に歯のトラブルによって「生活に支障がある」と回答したのは51.4%だった。

 かかりつけの歯科医が「いる」のは全体の63.0%で、歯の定期チェックを受けている人では84.9%と20ポイント以上多かった。歯科医師や歯科医院への満足度は平均73.1%だったが、定期チェックを受けている人は85.3%と満足度が高かった。満足している理由は「治療が丁寧で上手」「治療前に治療方法を分かりやすく説明してくれること」が多かった。歯科医への要望は「自分の歯をできるだけ残す」「高い治療技術」「治療に対する自分の希望を聞いてくれること」が上位を占めた。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ