企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

賃貸で住みたい東京23区はどこ? 人気なのは県境

NTTレゾナント 「賃貸で住みたい東京23区ランキング」

 

 NTTレゾナントが運営する「goo+dランキング」は、「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用い、東京23区でどの区が「賃貸」と一緒に検索されているのを調べ、発表した。調査期間は、2017年6月1日~18年5月31日。

 「○○区 賃貸」という組み合わせで調べた結果、「賃貸で住みたい東京23区」の第1位は江戸川区で、2位足立区、3位大田区、4位板橋区、5位世田谷区の順だった。

 江戸川区は千葉県との県境、足立区は埼玉県に隣接し、大田区も神奈川県との県境にある。県境の区の特徴として、近年主要駅周辺の再開発が進んでおり、住環境が整っていることが挙げられる。県境の区は始発駅がある区が多く、通勤にも便利なことが住みやすさの要因の一つと分析している。

 「goo住宅・不動産」は、物件を検索するときに「駐車場代込み」「エアコン付き」などの項目を条件として設定できる。こうした項目による東京23区賃貸人気条件ランキングは、1位が「バス・トイレ別」、2位は「管理費・共益費など込み」、3位は「2階以上」の順だった。バスとトイレが一緒になったユニットバスは、場所を取らないために賃料を抑えられるが、別であることを必須条件としている人が多いことが分かった。

 goo住宅・不動産で東京23区別にワンルーム賃貸予算ランキングを算出したところ、1位は六本木、白金高輪、麻布十番など高級住宅街で知られるエリアを持つ港区で、金額は7.31万円だった。山手線の中か面している都心の区が上限賃料を高く設定していることも分かった。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ