企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

複合現実のアプリ開発者を育成する教育機関が開講 2カ月全8回の短期集中

VRデザイン研究所 「MRプロフェッショナルアカデミー」

 

 VRデザイン研究所(東京都目黒区)は、日本初の複合現実(MR)専門の教育機関「MRプロフェッショナルアカデミー」を7月6日に開校する。

 MRとは、人工的につくられたバーチャル空間と現実空間を融合させた世界をつくる技術をいう。現実空間に物理的な制約のないバーチャルな空間の情報や物体を映し出し、双方向のやり取りが行える。2016年3月に北米で発売されたマイクロソフトのゴーグル型端末「ホロレンズ」が、昨年日本でも発売され、大きな反響を呼んだ。

 現在、MR技術は、製造業、建築、医療などさまざまな企業の現場で実用的な利用が進められている。

 VRデザイン研究所は、18年を拡張現実(AR)の普及元年と考え、現行の「VRプロフェッショナルアカデミー」に併設して、ARとMR技術を活用したさまざまなアプリ開発ができるエンジニアを育成するため、MRプロフェッショナルアカデミーを開校することにしたという。

 7月6日~8月31日の2カ月間で全8回、定員20人の少人数制。先進企業でホロレンズアプリ開発に携わるプロが講師を務める。

 6月22日にプレイベントとして、フェローズ(東京都渋谷区)で、ホロレンズの開発実例に焦点を当て、MR技術を使ってどんな最新アプリが登場しているのかを紹介するイベントを開催する。

 

イベント詳細:https://vrforum8.peatix.com/view

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ