企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

父の日は、親子でヒマワリの種をまいてみませんか? 切り花に適した品種「サンリッチ」

タキイ種苗 ひまわり「サンリッチ」シリーズ

 

 タキイ種苗(京都市)は、6月17日の「父の日」を前に、花をプレゼントするだけでなく、“お父さんと一緒にヒマワリを育てて楽しい思い出づくりをする”ことを勧めている。

 近年、太陽の光をいっぱい浴びて元気に咲くヒマワリの様子から、父の日にプレゼントする花としてヒマワリが定着してきた。6月にヒマワリの切り花は出荷のピークを迎えるが、この時期はヒマワリの種まきにも適した季節だという。

 同社が開発したヒマワリ「サンリッチ」シリーズは、1991年に世界で初めて本格的な切り花生産に適した品種として発表され、今では切り花ヒマワリとして一番多く流通している品種だ。サンリッチは、種をまいてから開花までの日数によって、45日、50日、55日の3タイプに分けられる。同社は、父の日に種まきをするなら7月下旬ごろから花を楽しめる、45日が最適としている。

 

・「サンリッチ」のブランドサイト:http://www.takii.co.jp/brand/sunrich.html

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ