企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

「旅立ち」テーマにエッセー募集 「徒然草」ゆかりの京都府八幡市

京都府八幡市 「徒然草エッセイ大賞」

 

 京都府八幡市は、全国から優れたエッセー(随筆)を募集する「徒然草エッセイ大賞」を実施している。市制施行40周年に当たる昨年創設し、全国や海外から約2600の応募があったという。

 今回のテーマは「旅立ち」で、締め切りは9月30日必着。応募は、郵送、メール、ホームページのいずれかで受け付ける。一般の部は2000字以内で、大賞1編には副賞として20万円が贈られる。中学生の部、小学生の部もある。

 「枕草子」「方丈記」と並び、日本三大随筆の一つとされる吉田兼好の「徒然草」で、八幡市の国宝、石清水八幡宮を仁和寺の老僧侶が初めて参詣したときの失敗談が第52段に登場する。八幡市は、徒然草に敬意を払い、この事業を継続し、文化芸術都市を推進する、としている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ