企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

IoTを活用する酪農・畜産用デバイスに新機能を追加 発情検知機能で生産性を向上

ファームノート 牛向けウエアラブル・デバイス「ファームノートカラー」

 

 酪農・畜産向けIoTソリューションを提供するファームノート(北海道帯広市)は、人工知能を活用した牛向けのウエアラブルデバイス「ファームノートカラー」にタイストール牛舎での牛の発情検知機能を追加した、と発表した。

 同社によると、日本の酪農は50%以上が牛をロープやチェーンなどで牛舎内に固定し、つなぎ留めるタイストール牛舎で飼養している。こうした牛舎では牛の行動が制限されるため、目視で発情しているかどうかを確認することが難しく、生産性向上の妨げになっているという。新しく追加した機能は、従来見逃していたタイストール牛舎での発情兆候を検知し、スマートデバイスやパソコンに通知することができる。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ