企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

遺伝子検査の精度向上へ DNA分子の絶対数を1個単位で制御した標準物質の製造を可能に

ファスマック 「新たに開発したDNA標準物質製造プロセス」

 

 リコー(東京都大田区)、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)、日本製粉グループのファスマック(神奈川県厚木市)は共同で、バイオプリンティング技術を活用して、DNA分子の絶対数が1個単位で制御された新しいDNA標準物質を作ることに成功した、と発表した。遺伝子検査装置と試薬の精度管理で使うことができる。標準物質とは、成分の含有量が明確にされた測定の基準となる物質のことで、これまでDNA分子の数が個数単位で制御された標準物質を作ることはできなかったという。

 今回開発したDNA標準物質の製造法によって、遺伝子組み換え食品や、がん・感染症の検査など、特定のDNAを検出する遺伝子検査用の標準物質の製造が可能になり、検査をより確実なものにすることができるようになる。

 成果は6月4~7日に米ボストンで開催される「バイオ・インターナショナル・コンベンション」と、6月27~29日に東京で開催される「バイオテック」で発表する。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ