企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

「やまと豚」が国際的味覚審査会で4年連続「三ツ星」 世界の一流シェフやソムリエが目隠し方式で評定

フリーデン 代表取締役社長・森 延孝 氏と「やまと豚」

 

 フリーデン(神奈川県平塚市)は、今年3月にベルギーで開催された国際味覚審査機構2018年度審査会で、フリーデンの自社農場で生産した「やまと豚」が「三ツ星」を4年連続で受賞した、と発表した。

 審査会は、世界の一流シェフやソムリエによる審査グループが、目隠し方式(ブラインドテスト)で官能分析する。総合評定90以上の食品だけに最高評価である三ツ星が与えられる。国産豚肉が4年連続で三ツ星を受賞するのは日本初という。

 同時に出品した「やまと豚の骨付ハム」も、2度目のエントリーで三ツ星を2年連続受賞した。

 フリーデンは、養豚から豚肉の加工・流通、飲食までを一貫経営で行っている。

 表彰式は6月11日にブリュッセルで開催される。

 


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ